1. トップページ
  2. >
  3. トピックス
  4. >
  5. すくすく大きくなっています!

すくすく大きくなっています!

コロナに梅雨に家で過ごす日が多いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

青木農園は1週間程前から摘果作業に入っています。

摘果についての説明は毎年この時期に書いているので今回は割愛させていただきます。

写真はスルガエレガントの現在の写真です。

すでに卵より少し小さいくらいの大きさまで順調に大きく育っています。

およそ1カ月前の写真です。

あっという間にびっくりするほど大きくなりました!

摘果は良い実に養分を集中させ、より高品質なものを栽培する重要な作業です。

その為、作業を行うのに最適な時期は限られているので、

この梅雨に時期でもカッパを着て作業を行います。

豪雨が今年は多くて正直大変です。。。。。( ;∀;)

丁寧に1本1本の実のなり方を見ながら作業をすることにより、

木の状態、今年の収量、品質を確認することができます。

収穫時も木の様子を確認しながら作業しますが、1本に掛ける時間は

摘果の方が圧倒的に長いです。

何千本とあるみかんの木、1本1本に掛けられる時間は年間にしてもそれほど多くありません。

なのでこの摘果の時期だけでも、しっかりと木と向き合う時間にしたいと思い作業をしています。

みかんの栽培も機械の導入など作業の効率化がすすめられていますが、

まだまだ半人前な私は木と触れ合う時間は短くしてはいけないと思っています。

昔の人は「作物は人の足音を聞いて育つ」と言ったように、それだけ

よく観察し的確な作業、対応を講じていくことで良いものが作れます。

 

改善できる部分は変え、変えてはいけない部分は本質を理解して継続していきたいと思います!